プログラミング思考力を鍛えよう!ロボット教室を体験してきた【口コミ】

  • 2018年5月22日
  • 2019年5月5日
  • 暮らし
  • 5853view

皆さんは、お子様の習い事はどのように決めていますか?

やはり子供が興味あることでないと、続かないですよね。

先日、子供が目をキラキラさせながら、こんなものを持って帰ってきました。


下校途中にもらったらしくクシャクシャです(笑)

最初は、「また変なのもらって帰ってきたなぁ」と
思ったのですが、ふと以前書いた記事を思い出しました。

過去記事はコチラ
【2020年必修化】いつからプログラミング教室に通わせた方がいいの?

こちらの記事では”格安”でプログラミングが
インターネットを通じて受講できるという紹介をしています。
でもこのチラシは”ロボット教室”と書かれており、
ロボットを制作し、動かしたりする教室のようです。

しかし、チラシをよく見ると”プログラミング”の文字が!

うちの子はまだ小学生1年生なので、
まだプログラミングをするには早いみたいです。
(プログラミング教育は小学校高学年が対象)

ロボット教室の対象年齢は”5-6歳~”だったので
ちょっと話だけでも聞いてみようかなと思い、
無料体験に応募してみました!

やはり、教室で受講するメリットもあると思うんですよね。

そこについても何かわかれば良いなと思って
無料体験に行ってきたので、どんな感じだったかご紹介します♪

プログラミング思考力を鍛えよう!ロボット教室とは

ヒューマンアカデミーのロボット教室は結構歴史があり、
今年で”9年目”になるそうです。

ヒューマンアカデミーのロボット教室には、
ブロックを使ったロボット製作のコースと、
電子工学や機械工学、プログラミングを実践的に学ぶコースがあります。

”21世紀型学力”で必要とされる「思考力・判断力・表現力」
養うことにも適している新しい習い事として注目されています。

2020年のプログラミング教育の必修化により、プログラミング思考力=論理的思考力の育みが目的とされています。

それの取っ掛かりには持って来いの教材だと感じました。

ロボット教室の料金比較

気になる受講料は

ロボット教室のコースと受講費用です。
こちらが高い・安いか、人それぞれ価値観が違うので、
捉え方が様々あるとは思います。

ご参考までに
最近、個別指導で有名な”明光義塾”も同様のカテゴリーの塾を始めました。

明光義塾は
「月2回(60分/1回) 7,020円(税込)+ 維持費」なので、
1分あたり、58.5円です。
ヒューマンアカデミーは
「月2回(90分/1回) 9,720円(税込)+ 維持費」なので、
1分あたり、54円です。

相場としては高いわけではなさそうですね。

ちなみに今回体験したコースは「プライマリーコース」です。
「プライマリーコース」は”5歳~”受講できるコースです。

どんな教育プログラム

このような教育プログラムで進行するようです。

月に2回受講し、1回目にマニュアル通りにロボットを制作し、
2回目にパーツを追加したりして、作ったロボットを改造して
応用実践を行います。

”ロボットキット”は全部で431ピースあり、
レゴブロックの約1.2倍の大きさです。

この431ピースのブロックで最大4年間ロボットを制作を行います。
ロボット制作後は写真やムービーなどを撮った後に壊すらしいです。

 

ロボット教室(プライマリーコース)体験してみた

ヒューマンアカデミーのロボット教室は、
通常1教室の定員が10名で、今回の体験教室は男の子9人女の子1人でした。
小学3-4年生が多かったと思います。


初めにこのような”体験キット”と”マニュアル”が配られました。
子供達はニコニコわくわくしていましたよ♪

うちの子は小学1年生なので、まだ”ひらがな”もあまり読めません。
プライマリーコースのマニュアルは、
”現物と同じサイズの絵”を用いて説明しているため
先生が少し手助けする程度で完成させることができました。

こちらが体験して50分ほど経った教室の雰囲気です。みんな楽しそうにロボットを制作しています。
うちの子は集中力が無いのですが、真剣に取り組む姿を見れました♪
当たり前のことかもしれませんが、
わからないことがあれば手を挙げて先生に聞いていました。

今回、制作したロボットは「どすこいくん」という相撲をするロボットでした。

子供が楽しそうに集中してロボット制作を行う姿を見て、
教室で学ぶことの良さがわかった気がします。

「あー。楽しかったぁ。」と終わった後も言っていました。

「思考力・判断力・表現力」と”集中力”も養うことができそうと思いました。

子供に理系の思考力を身に付けてほしいと思っている方や、
プログラミング教育をさせてみたい方は、
一度”無料体験教室”に行ってみてはいかがでしょうか?